通称「山の教習所」ってなぜ?

姉崎自動車教習所は昭和38年10月28日千葉県公安員会から指定(公認)を受けた教習所です。

市原市内では一番最初でした。

現在、市原市姉ヶ崎地区には二つの教習所がありますが


お客様に「どちらの方ですか」とか「わかりずらいですね」とか、

また「間違ってしまった」と言われることもあります。

そんなことからいつしか、JRの線路をはさんで山側にある私達の教習所は

「山の教習所」と呼ばれるようになりました。

高齢者講習等の申し込みにあたって電話が入ります「ハイ姉崎自動車教習所です」と答えますと

「山だろう」と言われ「ハイそうです」と言うことや、

お友達と携帯電話でお話をしている教習生が「今どこにいるの」と聞かれ

「山だよ」とか「山にいます」と答えている風景が見られるなど、

この呼び方が親しまれるようになりました。

職員の間からは「山」の中にある教習所と受け取られかねないので変えようか、

との意見が出たこともありましたが立ち消えました。

なぜでしょう、当所はJR内房線(蘇我駅から16分)姉崎駅から送迎バスで6分、

高台に位置し空気もよく緑の樹々に囲まれています。

春には桜の花で教習コースが包まれ小鳥のさえずりも声高々に聞こえるという自然環境だからです。

このようなことから
「山」と呼ばれることに私達は誇りを感じるのです。